薄毛の兆候

完全にハゲてしまった

発毛させるのは困難

完璧にハゲてしまった場合、そこから髪を生やすのは非常に難しいことです。
100パーセント無理だとは言えませんが、とても可能性は低いと思ってください。
特に毛根の活力が全くない場合は、残念ながら自力での発毛は諦めるしかないかもしれません。
しかし、逆に言うと毛根の活力がまだ残っているのであれば、可能性はあります。

その場合、血行を促進させる育毛剤を使用して、発毛をさせやすい状態にすることが大切です。
また、血流を良くするために頭皮マッサージを行ったり、血行促進タイプの育毛シャンプーを使用するのも良いでしょう。
そして、生活習慣を見直して、少しでも栄養を頭皮に届けやすい状態にするのも重要です。
こういった努力をすることによって、稀に髪の毛が生えてくるケースもあるので、決して諦めてはいけません。

ただ、完璧に髪が無くなってしまって3年?5年ほど経過してから努力をしても、その間に毛根の活力が失われてしまった可能性があるため、可能性は限りなく低いです。
このように手遅れになる前に、髪や頭皮に異変を感じた場合は、早めに薄毛ケアを行なうようにしましょう。
早めに薄毛ケアをすることによって、ある程度の症状であれば問題無く改善できます。

 

 

 

医療機関に頼る

完璧にハゲてしまった状態から発毛を促すのは非常に難しいですが、毛根に活力があればまだ間に合います。
育毛剤や育毛シャンプーなどを用いて発毛を促進させるのも手ですが、医療機関に行き、専門の医師に相談されるのも良いでしょう。
「薄毛や抜け毛で医療機関?」と思うかもしれませんが、数年前から薄毛の悩みを医療機関で相談できるようになりました。
医療機関に通うのは恥しいと感じるかもしれませんが、発毛を本気で考えるのであれば、通われた方が良いです。

医療機関での主な治療方法は、プロペシアの服用です。
プロペシアはAGA(男性型脱毛症)に非常に効果がある薬で、この薬を飲みながら頭皮の血行を良くするミノキシジルも一緒に使用することで高い発毛効果を得ることができます。
ただ、プロペシアには男性機能の低下、ミノキシジルには胸の痛み、動悸、発疹、かぶれといった副作用があります。
副作用が起こるかどうかはその人の体質次第なので、絶対に起きないとは言えませんし、起きるとも言えません。
そのため、副作用のリスクを理解した上で治療薬を服用するようにしてください。

また、医療機関によっては、発毛因子を頭皮に直接注入するHARG療法という治療方法を行っているところもあります。

 

地肌が目立ってきた

危険な状態です

抜け毛が増え、薄毛が進行してしまうと次第に地肌が目立つようになってきます。
地肌が見えるくらい薄毛が進行している場合は、非常に危険な状態だと認識してください。
そして、こうなるとハゲてきたと認めざる得ないので、しっかりと今の現状を受け止めることが大切です。
ここで現実を受け止めず、そのうちまた以前のようなフサフサの髪に戻ると思ってしまうと取り返しがつかなくなります。
この状態になるということは、男性ホルモンの非常に大きいと考えられます。
もし、生活習慣を見直したり、栄養補給タイプの育毛剤を使用しても改善しない場合は、男性ホルモンの分泌が原因だと思ってください。

このように地肌が見えてきた時は、このまま放置してしまうと本当に危険なので、まずは抜け毛の原因でもある男性ホルモンの分泌を抑えるようにしてください。
そして、同時に頭皮に栄養を与えて、毛母細胞をより一層活性化させ、発毛スピードを向上させる必要もあります。
こういったことを行うことで、抜け毛を減らし、太い髪の毛が生えてくる環境を作ることができます。
また、早めに改善するためにも医療機関で適切な処置を受けられた方が良いかもしれません。
頭頂部や額の生え際から薄毛が進行している場合は、AGAの可能性もあるので、気をつけてください。

 

 

 

本格的な薄毛ケアをしよう

地肌が目立つようになってきた場合は、本格的な薄毛ケアを行なわないと取り返しがつかなくなります。
まず、薄毛ケアを行なう時に最も大事なことは、生活習慣の見直しです。
生活習慣の見直しは薄毛ケアの中でも基本的なことですが、非常に大事なことでもあります。
「栄養バランスの良い食事」「十分な睡眠」「適度な運動」「ストレスの軽減」といった4つのことを意識して生活してください。
こういった生活習慣を意識することで、頭皮や髪に十分な栄養を与えることができますし、血行が良くなるので頭皮に栄養を運びやすくなります。
また、頭皮環境を整えることができるので、髪が成長しやすい環境を作ることができます。

そして、同時に育毛剤や育毛シャンプーを使用して頭皮のケアもしないといけません。
育毛剤は男性ホルモンの分泌を抑制するタイプがおすすめですし、育毛シャンプーは刺激が少ないものを使用して頭皮環境を正常化してください。

これらのことをしっかりと行っても症状が改善しないという場合は、自分で薄毛の進行を止めるのが難しいので、医療機関に頼るのもひとつの方法です。
特に頭頂部や額の生え際から薄毛が進行している場合はAGAの可能性が高いので、その場合は専門医の指示に従ってください。

 

髪が細くなってきた。

薄毛ケアをした方がいいかも

髪が細くなってきたと感じる人は、薄毛ケアを始めた方が良いかもしれません。
しばらくは大丈夫かもしれませんが、やがて抜け毛が増えていき、薄毛が目立つにようになる可能性があります。
薄毛ケアは早めに行うことが大切なので、「最近、毛が細くなってきたかも」と感じる場合は念のために育毛剤を使用しても良いかもしれません。
もし、それが思い過ごしであったとしても、薄毛ケアをすることによって、髪の寿命を長引かせることに繋がるため無駄ではありません。

髪が細くなる理由は、頭皮の血行不良と栄養不足です。
頭皮の血行が悪くなることによって、十分な栄養を頭皮に届けることができないため、髪を成長させることができないのです。
十分な栄養を取り入れることができない頭皮から生える毛は、必然的に弱々しい細い毛になります。

そして、こういった現象を招く原因となるのが乱れた生活習慣です。
生活習慣が不規則だと血行が悪くなってしまい、頭皮に栄養を運ぶことができなくなります。
また、栄養バランスの悪い食事をしていると頭皮が栄養不足になってしまい、髪に十分な栄養を与えることができないのです。
髪が細くなってきた場合は、生活習慣の見直しを真っ先に考えた方が良いかもしれません。

 

 

 

頭皮の栄養補給を意識する

髪が細くなるというのは、頭皮の栄養が不十分だということなので、血液の流れを良くする育毛剤や栄養補給タイプの育毛剤を使用された方が良いでしょう。
血液の流れを良くすることで栄養を頭皮に届けやすくでき、栄養補給タイプの育毛剤を使用することで不足している頭皮の栄養を補うことができます。
どちらを使用すれば良いのかは、その人の薄毛の原因や状態に変わりますが、食事内容が問題ないのに髪が細くなっている人は血液の流れを良くする育毛剤を使用し、食生活の乱れが気になる人は栄養補給タイプの育毛剤を使用された方が良いかもしれません。
また、両方の効果を持つ育毛剤もあるので、どちらか分からない人は、そういったタイプの育毛剤を使用されてください。

そして、育毛剤の効果をさらに高めるためにも、頭皮環境の改善や頭皮マッサージを行うようにしましょう。
育毛シャンプーを使用して毛穴に詰まりがちな皮脂をしっかりと除去することで、育毛剤の有効成分を奥まで浸透させることができます。
入浴中や入浴後に頭皮マッサージを行うことによって、血行を良くして、血液の流れを改善することができます。
髪が細くなってきたと感じた場合は、育毛剤だけに頼らずにこのようなことも一緒に行ってください。

 

抜け毛が増えてきた

注意した方がいいかも

髪が抜けるというのは、別に不思議なことではなく、ヘアサイクルの関係で当たり前のことです。
例えば、1日に100本程度の抜け毛であれば、それほど気にする必要はありません。
しかし、朝起きると大量の抜け毛が枕に付いていたり、お風呂に入る度に排水溝に大量の髪の毛が落ちているという状態は異常です。
また、抜けている毛が太くて長い毛ではなく、細くて短い毛だった場合も危険な状態だと思ってください。
細くて短い毛が多いということは、発育途中で抜けてしまっているということです。
これは薄毛の前ぶれでもあるので、注意しないといけません。

細くて短い毛のまま抜けてしまう原因は、発毛力の低下とヘアサイクルの乱れです。
何かしらの原因によって発毛する力が弱まってしまうと、それ以上髪を成長させることができず、途中で抜けてしまいます。
また、ヘアサイクルが乱れて、毛の成長期が短い場合も細くて短い毛のまま抜けてしまいます。

生活習慣が不規則だとこのような事態が起きやすいですが、もしかするとAGAの場合も考えられます。
AGAというのは、男性ホルモンの影響によって引き起こされる男性特有の脱毛症のことです。
もし、AGAの場合は自分で抜け毛を改善するのは難しいので、一度医療機関で受診された方が良いでしょう。

 

 

 

毛根を活性化させよう

抜け毛が増えてきて、発毛力が弱まっていると感じた場合は、毛根を活性化させることを意識してください。
そして、毛根を活性化させるためには、細胞活性化タイプの育毛剤がおすすめです。
細胞活性化タイプの育毛剤を使用することによって、母細胞を活性化させ、髪の成長を促進させることができます。
また、併用して男性ホルモン抑制タイプの育毛剤も使用するのも有効です。
男性ホルモン抑制タイプとは、抜け毛の原因でもある男性ホルモンの分泌を抑制し、原因物質の発生を抑える育毛剤です。
この男性ホルモン抑制タイプと細胞活性化タイプを併用することで、気になる抜け毛を効果的に改善できます。
ただ、育毛剤の組み合わせを間違えてしまうと効果が相殺されてしまったり、副作用が現れる危険があるので、注意してください。
毛根を活性化させるために初めて育毛剤を使用される場合は、無理をせずに細胞活性化タイプの育毛剤を使用された方が良いでしょう。

そして、頭頂部や額の生え際、前頭部といった部分からの抜け毛が目立つ場合は、AGAの可能性が高いので、専門医に相談されてください。
生活習慣を見直したり、育毛剤を使用することで少しは症状を抑えることができるかもしれませんが、確実に進行を抑えるためにも医療機関で早めに適切な処置を行った方が良いです。

 

 

Page top