育毛剤の基礎知識

効果が現れないとき

頭皮環境が悪い

いくら効果がある育毛剤を使用しても、頭皮環境が悪いと効果が現われないので、気をつけてください。
例えば、きちんと耕していない畑にいくら栄養を与えても、農作物は実らないのと同じです。
頭皮の環境が悪いと育毛剤の有効成分を取り入れることができず、本来の効果を実感することができないのです。

頭皮環境が悪い状態というのは、フケ、炎症、痒み、かぶれ、皮脂の過剰分泌といった症状が起きている時です。
このような症状が頭皮に見られる場合は、まずこれらの症状を改善するところから始めてください。
そして、症状が改善してから育毛剤を使用することによって、本来の効果を実感できるはずです。

頭皮環境を改善するのにおすすめなのが、育毛シャンプーです。
市販されているシャンプーというのは、洗浄力が非常に強いため、頭皮トラブルを引き起こす原因になりかねません。
実際、市販のシャンプーが原因で抜け毛が増えたり、薄毛になってしまった人は多いです。
一方、育毛シャンプーは刺激の弱い成分で作られており、しかも育毛に効果的な成分も含まれています。

育毛剤を使用する前に頭皮環境をチェックして、悪いと感じた場合は育毛シャンプーで改善させてから使用するようにしましょう。

 

 

 

生活習慣が悪い

育毛剤を使用しても、頭皮環境を改善しても、なかなか効果が出ないという人もいるでしょう。
そういった方は、生活習慣を見直してみてください。

生活習慣と育毛には非常に深い関係があり、乱れた生活習慣をすることによって、抜け毛を促進し、育毛を妨げてしまいます。
例えば、好き嫌いばかりの食生活をしていると十分な栄養を確保することができず、頭皮に栄養を与えることができません。
また、睡眠時間が短いとその日受けた頭皮や髪のダメージを修復できず、育毛の妨げになります。
育毛剤というのは、ほとんどが血流を良くし、栄養を運びやすくするのを目的としているので、そもそも栄養が無い状態だと使用する意味がありません。
そのため、育毛剤を使用すれば勝手に髪が生えてくると思わずに、規則正しい生活習慣を心がけることが大切なのです。

生活習慣で大事になってくるのが「栄養バランスの良い食事」「十分な睡眠」「適度な運動」「ストレスの発散」の4つです。
この4つがひとつでも欠けてしまうと育毛に悪影響を与えてしまうので、注意しましょう。

仮に毎日栄養バランスの良い食事をとれない場合は、サプリメントや青汁などで補うようにしてください。
また、育毛サプリメントを使用するのも良いかもしれません。

 

 

 

使用期間が短い

育毛剤を使用しても効果が無かったという人は、どのくらいの期間使用されましたか?
半年や1年以上使用して効果が無いと判断したのであれば良いですが、半年以内で判断してしまったのであれば、それはあまりにも見極めが早すぎます。
一般的に育毛剤を使用して3ヶ月程度では、髪に変化が現れることはなく、半年?1年くらい使用してようやく何かしらの変化が現れると思ってください。
この半年?1年の使用を推奨している育毛剤メーカーは多く、どの育毛剤でも最低限このくらいの期間は使用するようにしてください。
ただ、多くの方が早く改善して欲しいという気持ちが強いため、数週間?数ヶ月で判断してしまいがちです。
それでは、あまりにも試用期間が短いので、焦らずに根気強く使用するようにしましょう。

育毛剤は薄毛の治療薬ではなく、あくまでも育毛をサポートするものなので、即効性はありません。
長い時間をかけて頭皮の状態を改善し、髪が成長しやすい環境を作るのが育毛剤の役割です。
このことを理解せずに育毛剤を使用してしまうと、色々な育毛剤を買うことになり、金銭的にも厳しくなります。

育毛剤の効果を判断するためにも、先ほどもお話したようにせめて半年?1年は使い続けるようにしてください。