薄毛の原因と対策

遺伝

遺伝も薄毛の要因

薄毛は遺伝するといわれていますが、これは本当なのでしょうか?
結論からいうと事実に近いと思って良いでしょう。
必ずしも薄毛が遺伝する訳ではありませんが、薄毛の家系の人は将来的に薄毛に悩まされる可能性が高いです。
特に母親の祖父の髪が薄いと薄毛になる可能性が高いといわれています。

「自分の家系は薄毛だからやばい・・・」と思うかもしれませんが、だからといって、そんなに悲観することはありません。
あくまでも、遺伝による薄毛は要因のひとつに過ぎません。
薄毛の家系でも髪の毛がフサフサの人はたくさんいますし、薄毛の家系ではなくても薄毛に悩まされている人は多いです。
薄毛の一番の原因は、生活習慣だといわれているので、日頃の生活習慣を見直すことによって、薄毛を予防することはできます。
また、正しいヘアケアを行なうことによって、頭皮と髪を守ることができ、抜け毛を減らすことができます。
遺伝による薄毛に不安を感じる人もいると思いますが、日頃から薄毛予防を意識することで、過度に心配する必要はありません。
逆に過度な心配がストレスになり、薄毛を引き起こす可能性があるので、注意してください。

薄毛の家系の人は遺伝的要素があるということをしっかりと受け止め、早めに対策をとるようにしましょう。

 

 

 

遺伝を気にしないことが大切

遺伝も薄毛の要因のひとつだといわれていますが、過度な心配をするのは逆にストレスを溜めてしまい、薄毛を引き起こすので注意してください。
仮に薄毛の家系だとしても、諦めずに自分にできることを早い段階から行うようにしてください。
そうすることで、薄毛を回避することができ、いつまでも元気な髪を維持できるかもしれません。

薄毛を予防するために大事なことは、普段の生活習慣です。
規則正しい生活習慣の人は薄毛になりにくい傾向があるので、不規則な生活を送っている人は今からでも見直してください。
特に食生活や睡眠、喫煙、飲酒には注意してください。
食生活の乱れは髪の毛は非常に悪い影響を与えるので、栄養バランスの良い食事をとるようにしましょう。
睡眠時間が短いと皮脂の量が増えてしまったり、髪の成長を妨げてしまうので、十分な睡眠をとるようにしてください。
喫煙や飲酒も髪や頭皮に悪影響を与えるので、なるべく控えるようにしましょう。
アルコールは適量であればストレスを発散するのに有効ですが、タバコの場合は体全体に害を与えるので禁煙をおすすめします。

遺伝を気にせずにこういった生活習慣を意識するようにすれば、薄毛を効果的に予防することが可能です。