薄毛の原因と対策

ヘアケア

誤ったシャンプー方法は抜け毛のもと

みなさんはどのようにしてシャンプーをしていますか?
恐らく、ほとんどの方がシャンプーの仕方にそこまでこだわっていないと思います。
しかし、誤ったシャンプー方法をしていると抜け毛を増やすことになるので、注意が必要です。

まず、シャンプーを行う時はすすぎが大きなポイントとなります。
シャンプー前とシャンプー後のすすぎを意識して、念入りに行うようにしてください。
シャンプー前のすすぎが不十分だとシャンプーを付けた時の泡立ちが悪く、頭皮の毛穴の汚れを落とすことができません。
シャンプー後のすすぎが不十分だと毛穴に入ったシャンプーを落とすことができず、頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。

また、頭皮の汚れをしっかりと落としたいと思い、爪を使って力強く洗う人がいますが、それは頭皮を傷つけるだけなので、すぐに止めましょう。
爪の腹を使い優しくマッサージするように洗うのがシャンプーの基本なので、今からでもこの方法に変更してください。
マッサージするように洗うことによって、頭皮の血流を改善し、髪に栄養が届きやすくなります。

誤った方法でのシャンプーは抜け毛のもとです。
抜け毛を減らし、健康的な頭皮状態を維持するためにも、正しいシャンプー方法を身につけてください。

 

 

 

ドライヤーの熱に注意

お風呂上りにドライヤーを使用する方が多いと思いますが、そのドライヤーが原因で脱毛を悪化させることがあります。
ただ、だからといって、ドライヤーを使用しないのは余計に髪や頭皮に悪いです。
仮にドライヤーを使用せずに髪が濡れている状態のままにしてしまうと頭皮に雑菌が繁殖してしまいますし、キューティクルも壊れてしまいます。
そのため、どんなに面倒でも洗髪後はドライヤーを使用して、髪を乾かしてください。

ドライヤーを使用する時に注意したいのが、頭皮との距離です。
ドライヤーとの距離が近すぎると髪にも悪いですし、頭皮が熱によって乾燥してしまいます。
頭皮が乾燥してしまうと皮脂の過剰分泌を招いたり、フケを引き起こす可能性があるので要注意です。
適度な距離を保ち、ドライヤーの熱を直接浴びないようにしてください。

そして、髪も大事ですがドライヤーで最も乾かさないといけないのは頭皮です。
頭皮が濡れたままだと先ほどもお話した通り、雑菌が増殖してしまいます。
雑菌が増殖すると頭皮環境が悪くなり、元気な髪を育てることが難しくなります。
その結果、抜け毛が増えてしまい、薄毛になってしまうので、髪だけでは無く頭皮を乾かすということも意識してください。

 

 

 

整髪料も薄毛の原因に

ヘアワックスやヘアスプレーといった整髪料をヘアスタイルを維持するために使用されている方は多いと思います。
ただ、その整髪料が原因で薄毛を招く可能性があるので、気をつけてください。

まず、整髪料には合成界面活性剤という成分が含まれており、この成分が薄毛を招く原因になります。
合成界面活性剤は髪の毛をスタイリングしやすくする作用を持っていますが、頭皮環境を悪くする働きも持っています。
また、毛穴の中に整髪料が入り、そのまま放置してしまうと毛穴が詰まってしまい、抜け毛の原因になります。
このように整髪料はヘアスタイルを維持するために便利なアイテムですが、使い方を誤ると薄毛の原因になってしまうのです。

整髪料による薄毛を防ぐためにも、髪の毛先を中心につけ、頭皮にはなるべくつけないようにしましょう。
スプレーでスタイリングする場合は、ちょっと離して使用することで、頭皮につきにくくなります。
そして、整髪料を使用した時は、念入りにシャンプーを行うようにしてください。
整髪料はみなさんが思っているほど落ちにくいので、時間をかけてじっくりと洗うようにしましょう。
特に頭皮は整髪料が入ってしまっている可能性があるので、意識して洗ってください。