薄毛の原因と対策

男性ホルモン

男性ホルモンと薄毛の関係

男性ホルモンが薄毛の原因だという話を聞いたことはありますか?
男性ホルモンが薄毛の原因の全てではありませんが、薄毛とは深い関係を持っているので、知っておいた方が良いでしょう。
まず、性ホルモンは男性ホルモンと女性ホルモンの2種類に大きく分類されます。
男性ホルモンは体毛を濃くしたり、がっちりした体つきにする役割を持っており、女性ホルモンは美しい髪や肌を保つ働きや丸みを帯びた体型を作る働きを持っています。

そして、男性ホルモンの中にはテストステロンという物質が存在します。
テストステロンは、男性らしい体を作る一方で、毛母細胞でジヒドロテストステロンという薄毛を引き起こす原因物質に変化してしまうのです。
これが男性ホルモンが薄毛を引き起こす原因だといわれている理由です。
だからこそ、男性ホルモンの分泌が多い男性は女性よりも薄毛になりやすいという訳です。

ただ、男性ホルモンは女性の体にも存在しており、ホルモンバランスが崩れてしまうと男性ホルモンが優位になるケースがあります。
そうすると男性ホルモンの影響で女性でも薄毛になってしまう危険があるので、注意してください。
女性は薄毛になりにくいイメージがありますが、絶対にならないという保障はなく、現実に薄毛に悩んでいる女性はたくさんいるということを理解しておきましょう。

 

 

 

男性ホルモンを抑制するには?

男性ホルモンを抑制し、薄毛を予防したい場合は、食生活を見直すのが効果的です。
まず、肉中心の食生活をすると男性ホルモンの分泌が多くなってしまうので、野菜を中心とした食事に変えてください。
そうすることで、男性ホルモンの分泌を抑えることができますし、頭皮の脂を少なくすることもできるので、薄毛に効果的です。
また、今話題となっているのが、女性ホルモンに近い作用を持つ「大豆イソフラボン」という成分です。
大豆イソフラボンは、豆乳や納豆、豆腐といった大豆製品に含まれている成分で、これが女性ホルモンに近い作用を持っており、男性ホルモンを抑制する効果を持っているといわれています。
しかも、大豆には良質なタンパク質が含まれているので、髪の成長にも非常に良いです。

そして、ノコギリヤシも男性ホルモンを抑制する作用を持っています。
ノコギリヤシは、育毛剤や育毛サプリメントなどに使用されており、高い効果を発揮するといわれています。
育毛剤や育毛サプリメントなどを購入する際は、ノコギリヤシが含まれているのかどうかをチェックされてください。

男性ホルモンを抑制したからといって、必ずしも薄毛を予防できる訳では無く、頭皮環境が悪かったり、生活習慣が乱れているといくら男性ホルモンを抑制しても薄毛になってしまうので注意してください。