育毛剤の選び方

販売元で選ぶ

国内と海外

育毛剤は、大きく分けて国内品と海外品の2種類があります。
どちらを選ぶのかは自由ですが、安全性を考えるのであれば国内品の育毛剤がおすすめです。
海外の育毛剤が全て危険という訳ではありませんが、比較的日本国内の育毛剤の方が安全性が高いといえます。

海外の育毛剤の中には、日本では認可されていない成分が含まれたものが存在します。
そのため、その国の人にとっては害が無くても日本人には害がある成分かもしれません。
特に日本人は肌が弱いため、頭皮トラブルを起こす可能性が高いです。
また、海外の育毛剤には、有名な育毛剤の類似品も数多くあり、それらの育毛剤は本物とは成分や製造工程が異なるため安全性に疑問が残ります。
海外の育毛剤はインターネットで安く購入できますが、こういった理由から副作用のリスクが国内品よりも高いと思ってください。

海外の育毛剤を使用するようになって、薄毛が悪化してしまったり、体調を崩してしまうケースもあるので、もし、これから育毛剤を購入しようと思われている人は、海外品よりも国内品の方を選ぶようにしましょう。
仮にそれでもインターネットなどで購入して、海外の育毛剤を使用したい場合は、しっかりと含まれている成分を理解し、どのような副作用があるのかを調べてください。



メーカー

育毛剤をメーカーで選びたいという人も多いのではないでしょうか?
その育毛剤を販売・開発しているメーカーがどのようなところなのか知っておくことは大変重要なことです。
名前を聞いたことがあるようなメーカーであれば、なんとなく安全性が高かったり、効果があるイメージがしますよね?
このイメージというのは間違っておらず、やはり有名メーカーの方が安心して使用することができます。

どうして有名メーカーの方が安心できるのかというと、大手企業の方が安全性や効果に力を入れているからです。
大手企業の場合、何を一番嫌うのかというと悪い評判・クチコミです。
例えば、「効果がない」「頭が痒くなった」「コスパが悪い」といった育毛剤の悪い評判・クチコミが広がってしまうと、育毛剤だけではなく、その企業全体のイメージが悪くなり、他の商品にも影響を及ぼしてしまいます。
そうすると大きなダメージになるので、悪い評判やクチコミが出ないように安全性や効果には全力を尽くしているのです。
また、有名メーカーの方が研究や開発にお金をかけられるというのも、安全性や効果が高い理由です。

このようにメーカーによって安全性や効果が違ってくるので、安心して使用するためにも有名メーカーの育毛剤を使用された方が良いでしょう。

 

使用方法で選ぶ

塗る育毛剤

育毛剤の中で最もメジャーなのが「塗る育毛剤」です。
恐らく、育毛剤と聞くとこの塗る育毛剤を真っ先に想像されるのではないでしょうか。
頭皮に育毛剤の液を塗ったり、噴射させて、有効成分を浸透させるというのが塗る育毛剤です。
では、塗る育毛剤を使用する場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

塗る育毛剤のメリットは、効果が現れるのが早いという点です。
頭皮に直接、有効成分を浸透させるので、比較的効果が現れるのが早く、すぐに薄毛や頭皮環境を改善したい場合におすすめです。
また、種類が多いので、その中から予算や頭皮状態に合わせてを自由に選択できるというのもメリットだといえます。
そして、仮に副作用が出たとしても、症状が比較的軽いですし、ほとんど頭皮にしか現われません。

塗る育毛剤のデメリットは、持ち運びをするのが難しいということと、液だれの心配があるという点です。
塗る育毛剤の場合、気軽に持ち運びできるほど小さくは無いので、旅行などで持っていくと邪魔になります。
また、育毛剤の液が垂れてきて、服を汚してしまう危険もあります。
そして、価格が高いのにも関わらず、効果が薄いものがあるというのも、塗る育毛剤のデメリットです。



飲む育毛剤

あまり知られていませんが育毛剤の中には、錠剤タイプの「飲む育毛剤」が存在します。
飲む育毛剤と代表的なのがプロペシアというもので、これは医療機関でAGA治療を受けた場合によく処方されます。
日本では市販されていませんが、海外では市販されているので、インターネットを利用すれば簡単に購入できます。
では、飲む育毛剤を使用した場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

飲む育毛剤のメリットは、体に直接有効成分を吸収させることができるという点です。
塗る育毛剤の場合だと頭皮に必ずしも全ての有効成分が浸透するとは限らず、効果が薄い傾向があります。
また、錠剤タイプなので持ち運びがしやすく、旅行先などに気軽に持っていくことができますし、他の人に育毛剤だとバレることもありません。

飲む育毛剤のデメリットは、塗る育毛剤よりも副作用が重いという点です。
塗る育毛剤の場合は副作用が起きても軽いですし、範囲も頭皮だけです。
しかし、飲む育毛剤は体全体に成分が吸収されてしまうため、頭皮の痒み・頭痛・精力減退・めまい・ほてり・胃痛・発疹・かぶれ・ふけ症・眠気・動悸・多毛症といった症状が現れる場合があります。
また、体への負担が大きいため、体調が優れない時や何かしらの疾患を抱えている方は飲むのを避けないといけません。

 

購入方法で選ぶ

ドラッグストアで購入する

ドラッグストアに行くと色々な育毛剤があるので、生活用品を購入するついでに入手することができます。
ドラッグストアで購入することで、自分の目でどのような育毛剤なのか手に取って見ることができたり、店員さんにどの育毛剤が売れているのかやどのような効果があるのかを尋ねることもできます。
ドラッグストアだとこのようなことができるので、安心して育毛剤を買いたい、誰かに相談してから買いたいという人におすすめです。

ただ、こういったメリットがある一方で、ドラッグストアで育毛剤を購入することで、いくつかデメリットもあります。
まず、インターネット通販で購入するよりも価格が高いということです。
これは育毛剤に限ったことではありませんが、店舗で購入するよりもインターネット通販の方が安く購入できるケースが多いです。
そのため、店舗で購入することによって、多少損をしてしまう場合があります。

また、購入する時にレジを通らないといけないのもデメリットだといえます。
育毛剤を購入することを恥ずかしいと思っている人は多く、購入したいけどレジに持っていくことができないという人もいます。
羞恥心が邪魔で育毛剤を購入できないのであれば、インターネット通販を利用された方が良いでしょう



インターネット通販で購入する

インターネット環境さえ整っていれば、インターネット通販で育毛剤を購入することができます。
最近では、スマートフォン対応のショップも増えてきており、外出先でも購入可能です。
インターネットが普及したことで、ドラッグストアに行かずに通販で購入される人が増えています。
では、どうしてインターネット通販で購入される方が増えているのでしょうか?

それは、育毛剤の購入を人にバレたくないと思っている人が多いからです。
育毛剤を購入する際に知り合いに見られた場合、とても恥しい気持ちでいっぱいになるはずです。
そういった状況を避けるためにもインターネットでの購入はおすすめです。

インターネット通販でしか購入できない育毛剤があるというのも魅力のひとつです。
ドラッグストアでは販売していない通販限定の育毛剤というのが多数あり、そういった限定育毛剤を購入するためにインターネット通販を利用されている人もいます。
そして、ドラッグストアで販売している育毛剤も、通販で購入された方が安い場合があり、これもインターネット通販を利用するメリットです。

しかし、インターネットだと店員さんに相談したり、実際に商品を手に取って見ることができないという問題もあります。
これをデメリットに感じる人も多いと思うので、どちらの購入方法が自分に合っているのかよく考えてみてください。

 

口コミで選ぶ

口コミを参考にしよう

育毛剤の種類は非常に多いので、どれが効果があるのか商品説明を見るだけでは分かりませんよね?
そのため、育毛剤を選ぶ時は口コミを参考にしてみてはいかがでしょうか。
インターネットが普及した今、実際に使用した商品やお店の感想をインターネット上で公開している人がいます。
そして、それらの感想を口コミというのですが、口コミを参考にすることで、どの育毛剤が良いのか選びやすくなります。

育毛剤の商品説明を見ても、どの商品も良い部分しか掲載されていないことが多いです。
しかし、利用者からすると良い部分はもちろん、悪い部分も気になりますよね?
なぜなら、いくら売れている育毛剤を使用したからといっても、自分には合わない可能性があるからです。
人によって、薄毛の症状は異なりますし、頭皮の環境や肌の弱さも違います。
本当に自分に合った育毛剤を探すというのは、実は非常に難しいことなのです。

口コミを見ることによって、「コスパが悪い」「効果が薄い」「敏感肌には合わない」といった悪い部分も知ることができます。
良い口コミと悪い口コミを参考にすることによって、初めて自分にその育毛剤が合っているのかどうか分かってきます。
口コミが良ければ必ずしもその育毛剤が良いという訳ではありませんが、実際に使用した人の感想は非常に参考になるはずです。



口コミが全て正しいとは限らない

口コミで育毛剤は選ぶのも賢い選択ですが、口コミが全て正しいとは限りません。
育毛剤の効果には個人差があるため、その育毛剤を使って効果を実感する人もいれば、効果を実感できない人もいます。
また、「価格が高い」「コスパが悪い」「肌に合わない」といった口コミが全て自分に該当するとは思わないようにしましょう。
例えば、効果があると噂の育毛剤が8000円だった場合、薄毛で深刻に悩んでいる人やお金に余裕のある人は、安いと思うでしょう。
しかし、薄毛の改善ではなく薄毛予防のために使用される人やお金に余裕のない人は、8000円の育毛剤を高いと思うはずです。
このように口コミの内容というのは、あくまでもその人の感想なので、100パーセント自分に当てはまるとは思ってはいけません。
参考にするのはとても良いことですが、口コミの情報が全てだと思ってしまうと、自分に合った育毛剤を見つけることができないのです。

口コミを上手く参考にするためには、ひとつの商品に対してできる限り、たくさんの口コミを集めてください。
その中には必ず悪い口コミもあるはずなので、良い口コミだけではなく、悪い口コミも参考にしてください。
多くの人が口コミを見る時に良い口コミしか見ていませんが、それでは本当にその商品が優れているのか判断できません。
本当にその商品が優れているのか判断するためにも、悪い口コミがどのくらいあるのか、そしてどのような内容なのかを確認しましょう。

 

価格で選ぶ

価格を比較することが大切

育毛剤を選ぶ時に価格を重視するのも大切なことです。
育毛剤は毎日使用するものなので、価格が高いと経済的負担が大きくて、途中で止めなくてはいけない場合が出てきます。
また、人によっては、無理に高い育毛剤を使い続け、育毛剤貧乏に陥ることもあるので、注意してください。
そうならないためにも、自分の収入を考慮して、長期間使い続けられるような価格の育毛剤を選びましょう。

育毛剤の価格は、ピンからキリまであるので、一概に相場がいくらとはいうことができません。
1000円ほど購入できるものもありますし、数万円する育毛剤もあります。
また、育毛剤によって容量も異なるので、価格が安いからといって、必ずしもお得だとはいえません。
ただ、効果があるといわれている育毛剤は、だいたい10000円前後が相場だと思って良いかもしれません。
多少、金額に誤差はあるかもしれませんが、10000円以内で効果が期待できる育毛剤は購入できます。

そして、価格で育毛剤を選ぶ時は、必ず複数の商品同士を比較するようにしましょう。
そうすることで、どの育毛剤が安いのか簡単に把握することができます。
しかし、あまりにも安さばかりにこだわってしまうと頭皮に悪い成分が含まれていて薄毛が悪化してしまったり、いくら使用しても効果が出ないケースもあるので、気をつけてください。



価格だけにこだわらない

育毛剤を選ぶ時に価格で選ぶ人もいますが、これは間違った選び方ではありません。
やはり、価格が高いと長期間使い続けることができないので、少しでも安い育毛剤を使用したいと思うのは当然のことです。
しかし、あまりにも安さばかりにこだわってしまうと失敗する場合もあるので、気をつけてください。

必ずしも効果が無いとは言い切れませんが、過度に安い育毛剤を使用しても求めているような効果は期待できないと思ってください。
中には安くても効果があるものもあるかもしれませんが、大半の激安育毛剤はそれほど効果がありません。
過度に安い育毛剤の場合、大量の水で薄めて作られているものや、含まれている有効成分に疑問を感じるもの、頭皮に悪い化学物質が含まれているものなどが多いです。
こういった育毛剤を使用しても、薄毛が治ることはありませんし、余計に悪化する可能性があるので、驚くほど安い育毛剤は避けられた方が良いでしょう。

しかし、だからといって、高い育毛剤を使えば絶対に薄毛が改善するという訳でもありません。
効果が薄いのにも関わらず、価格だけが高い育毛剤もたくさん販売されているので、気をつけないといけません。
価格と効果は必ずしもイコールでは無いということを覚えておきましょう。

 

安全性で選ぶ

副作用をチェックする

育毛剤を選ぶ時に価格や効果も大事ですが、やはり一番は安全性です。
育毛剤の中には頭皮に悪い化学物質が含まれていることがあり、薄毛を予防するために使っているはずが、薄毛を進行させてしまうことがあります。
また、飲むタイプの育毛剤だと頭皮トラブルを引き起こすだけではなく、体調面にも影響を及ぼす恐れがあります。
そのため、必ず育毛剤を購入する際にどのような副作用があるのかチェックするようにしてください。

一般的に育毛剤を使用して起こり得る副作用は、頭皮の痒み・炎症・かぶれ、フケ症といったものです。
ただ、先ほどもお話したように飲むタイプの育毛剤だと頭痛・動悸・めまい・性欲減退・ほてりといった体調面に関する症状が現れる場合もあります。
安全に使用するためにも、必ずその育毛剤の副作用を詳しく調べた上で購入されてください。
どのような副作用が現れるのか記載されていない商品は、リスクが高いのであまりおすすめすることはできません。

そして、万が一使用していて何かしらの症状が現れた場合は、すぐに使用を止めて、様子を見てください。
もし、使用を中止しても症状が改善されない場合は、皮膚科の医師に相談して、適切な処置を受けてください。



口コミで安全性をチェックする

育毛剤を安全に使用するためにも、安全性のチェックが必要不可欠です。
しかし、商品のホームページを見ても本当にこの育毛剤が安全なのかどうか分からない場合もあるでしょう。
そういった時におすすめしたいのが口コミの活用です。
実際に利用した人の中には、何かしらの副作用を体験した人もいます。
口コミを調べることによって、その育毛剤にどのような副作用があって、どのくらいの人が同じような症状を体験しているのか確認することができます。
そこから本当にこの育毛剤が安全なのかどうかを判断すると副作用のリスクを減らすことができます。

そして、口コミを参考にする場合は、なるべく多くの口コミを集めるというのがポイントです。
一つや二つといった数では信憑性が無いので、何十個という口コミを参考にしてください。
できる限り多くの口コミを参考にすることで、どの口コミが真実に近いのか見えてくると思います。

ただし、口コミはあくまでも参考程度に過ぎないので、口コミのみで安全性が高いのかどうかを判断してはいけません。
面倒かもしれませんが、育毛剤に含まれている原料や成分、製造方法などを調べることも非常に重要です。
口コミと自分で調べた情報をもとに判断することで、本当に安全な育毛剤を選ぶことができるのです。

 

サービスで選ぶ

送料無料

色々な育毛剤を見ていると「送料無料」というサービスを目にすることもあるでしょう。
送料無料という言葉にあまり嬉しさを感じない人もいるかもしれませんが、実は送料無料というサービスは非常に重要なのです。
育毛剤は毎日使用するものなので、数ヶ月に1回のペースで購入するのが一般的です。
そして、その時に商品と一緒に発生する費用というのは送料です。

例えば、9000円の育毛剤を購入した場合、送料で1000円かかるとすると合計10000円になってしまいます。
せっかく10000円以内で購入できると思っても、送料を合わせてしまうと意外と高くついてしまうことも多々あります。
特に発送元から遠い地域にお住まいの方は、この送料無料というサービスに注目してください。
発送元から近い地域にお住まいの方であれば、送料は安く済みますが、遠くの地域にお住まいの方だと送料だけで1000円や2000円かかってしまいます。
購入する度に送料で1000円や2000円かかってしまうのは、勿体無くありませんか?

あまり送料にこだわっていない人もいますが、お得に育毛剤を使用するためにもなるべく送料無料サービスを行っている育毛剤を選ばれた方が良いでしょう。



全額返金サービス

育毛剤を選ぶ時におすすめしたいサービスが「全額返金サービス」です。
全額返金サービスとは、万が一使い始めて満足いく効果を得られない場合に購入代金を全て返金してもらえるというものです。
通常の場合、30日間以内や60日間以内、90日間以内といったように期間は決まっています。
全額返金サービスの内容や基準は、育毛剤によってそれぞれ異なるので、購入する際に細かくチェックしてください。

全額返金サービスの育毛剤の場合、仮に自分に合わない育毛剤だとしても、お金が返金されるので、リスクがありません。
そのため、リスクをそれほど考えずに安心して購入することができます。
この安心感は非常に大きく、特に初めて育毛剤を購入される人にとっては、大変嬉しいはずです。

育毛剤というのは、決して安い買いものではありません。
高額な育毛剤になると数万円というものも存在するので、失敗したからといって何度も何度も買い直す訳にはいきません。
ただ、いくら慎重に選んでもそれが本当に自分に合っているのかどうかは、実際に使用してみないと分からないというのが現実です。
だからこそ、効果が無かった場合にお金が戻ってくる全額返金サービスが付帯した育毛剤を選ばれた方が良いと思われます。

 

症状、目的別に合わせて選ぶ

フケが多い

フケが多いというのは、頭皮環境が悪いということです。
そのままその状態を放置することによって、フケが毛穴を詰まらせたり、雑菌を繁殖させてしまい、抜け毛を引き起こします。
そのため、フケが多くなってきたと感じた場合は、早めに頭皮環境を整えるようにしてください。
そして、フケには乾燥している乾性フケとべたべたしている湿性フケの2種類があります。
フケが細かくパラパラしている場合は乾性フケで、頭皮を掻くと塊となって取れるべたべたしたフケが湿性フケです。

乾燥フケの場合は、頭皮の乾燥が原因なので、頭皮に潤いを与えるような育毛剤を使用してください。
そうすることで、頭皮の乾燥を改善し、フケの症状も収まっていくはずです。
また、湿性フケは皮脂の過剰分泌が原因なので、皮脂を抑えるタイプの育毛剤を使用するようにしましょう。
皮脂の分泌さえ抑えることができれば、自然とフケが少なくなるはずです。
そして、イソプロピルメチルフェノール・ヒノキチオール・レゾルシン・オクトピロックスといった成分はフケに効果があるといわれています。

ただ、フケが溜まった頭皮に育毛剤を使用しても本来の効果を得ることができないので、頭皮を清潔な状態にした後に育毛剤を使用してください。



頭皮が痒い

頭皮に痒みを感じた場合は、頭皮が炎症を起こしていたり、かぶれを起こしている可能性が高いです。
痒みと同時にフケも出てくることが多く、そのフケが原因でより一層痒みが酷くなることもあります。
頭皮に痒みをもたらす原因は、血行不良やシャンプーの刺激、洗髪方法です。
頭皮の血行が悪くなると痒みを伴うことがあり、シャンプーの刺激が強すぎると炎症を起こしそれが痒みに繋がります。
また、爪を立てて力強く髪を洗うことで、頭皮を傷つけ、それが痒みのもとになる場合もあります。

頭皮に痒みを感じた場合におすすめの育毛剤は2つあります。
まず、一つ目は血行促進タイプです。
血行促進タイプの育毛剤を使用することで、血管を拡張させ、血流を良くすることができ、痒みを抑えることができます。
二つ目は炎症を鎮静させるタイプです。
頭皮の炎症を改善する育毛剤をすることで、炎症による痒みを解消することができます。
そして、フケによる痒みを抑えたい時はヒノキチオールやレゾルシン、オクトピロックスといった成分が含まれた育毛剤を使用されてください。

頭皮の痒みを抑えるために育毛剤を使用するのも大事ですが、頭皮ケアを心がけるのも大切なことです。
刺激の弱いシャンプーに変えたり、頭皮マッサージをするといった工夫をしてください。



頭皮が赤い

頭皮の赤みをそのまま放置してしまうと抜け毛に繋がる可能性が大きいので早めに対応をしないといけません。
頭皮が赤いというのは炎症を起こしている状態なので、この時に育毛剤を使用してもそれほど高い効果は望めません。
また、刺激の強い育毛剤をこの際に使用してしまうとさらに炎症が悪化してしまい、薄毛を進行させてしまう危険があるので、注意が必要です。

まず、頭皮が赤い場合は、薄毛を改善するというよりも、炎症を治すことを優先させてください。
頭皮の炎症を起こす原因は、シャンプーの影響が大きいので、正しいシャンプー方法を理解することが大切です。
シャンプーを何度も行ってしまうと頭皮が刺激に負けてしまい、炎症を起こしてしまいます。
また、逆にシャンプー不足の場合、頭皮の衛生環境が悪くなり、炎症を起こす可能性があります。

そして、過度なストレスや乱れた食生活も頭皮の赤みを生む原因にもなるので、生活習慣も見直した方が良いでしょう。
原因は人によって違うので一概に何をすれば治るのかはハッキリ言うことはできませんが、シャンプー方法と生活習慣に気をつけることで、ほとんどの場合は改善すると思われます。
頭皮の赤みが治ってきた場合は、すぐに育毛剤を使用して、薄毛予防を行うようにしましょう。



頭皮は臭い

頭皮の臭いが気になる場合は、皮脂の過剰分泌が原因だと思ってください。
本来、皮脂というのは頭皮を外部刺激から守るために必要な存在で、悪影響を及ぼすことはありません。
しかし、あまりにも皮脂の分泌が多くなると臭いの元になるので、注意しないといけません。
皮脂が大量に出てしまうと頭皮が脂でベタベタになり、この皮脂が紫外線に当たることで悪臭を生みます。
通常の皮脂の分泌量であれば、紫外線に当たってもそれほど臭いがしませんが、分泌量が多いと悪臭に変わってしまいます。
そして、皮脂の分泌量が多いということは、頭皮の毛穴を詰まらせ、抜け毛やフケを引き起こす可能性があります。

皮脂の過剰分泌を生む原因は、乱れた食生活、過度なストレス、洗浄力の強いシャンプーの使用などです。
脂っこい食べ物や糖分の多い食べ物は、皮脂の分泌を促す作用があるので、極力控えた方が良いです。
また、過度なストレスを受けるとホルモンバランスが乱れ、皮脂の分泌量が多くなりますし、洗浄力の強いシャンプーも皮脂の過剰分泌を引き起こす原因のひとつです。

こういった場合に有効な育毛剤は、皮脂分泌を抑制するタイプの育毛剤です。
ビタミンB6、カシュウ、イオウ、チオキソロンといった成分が含まれている育毛剤には皮脂の分泌を抑える効果があるので、探してみてください。



抜け毛が多い

「抜け毛が最近多くなってきた・・・」という人は、まずそれが単なる抜け毛なのか脱毛症なのかを判断しないといけません。
どちらにしても、何もせずにいると薄毛になってしまうので、早めに対処された方が良いでしょう。
そして、単なる抜け毛であれば、生活習慣を改善したり、食生活を見直すだけで治ることもありますが、脱毛症の場合はそう簡単に改善しません。
また、脱毛症と一言で言っても、男性型脱毛症(AGA)、脂漏性脱毛症、円形脱毛症、ひこう性脱毛症、びまん性脱毛症、若年性脱毛症、牽引性脱毛症、分娩後脱毛症など色々な種類があります。

この中でも男性に多いのが男性型脱毛症(AGA)で、女性に多いのがびまん性脱毛症です。
男性型脱毛症は、男性ホルモンが増加することによって引き起こされる脱毛症のことで、頭頂部や額の生え際を中心に薄くなっていくという特徴があります。
びまん性脱毛症は、女性ホルモンが低下してしまい、男性ホルモンが優位に立つことで引き起こされる脱毛症のことで、全体的にボリュームが無くなっていきます。

男性型脱毛症やびまん性脱毛症に有効なのは、男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤です。
これを使用することで、5αリダクターゼという男性ホルモンを抑制することによって、脱毛を効果的に防ぐことができます。
また、女性の場合はびまん性脱毛症に効果を発揮する女性専用の育毛剤があるので、そのようなものを使用された方が良いでしょう。



髪が薄い

髪が薄くなったと感じる場合は、すぐにでも育毛剤を使用された方が良いでしょう。
ただ、いい加減に育毛剤を選んでも効果が現われないこともあるので、自分の薄毛の症状を把握した上で、使用するようにしましょう。
例えば、頭頂部や額の生え際、前頭部から薄くなっている場合は男性型脱毛症の可能性が高いので、男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤を使用された方が良いでしょう。
また、皮脂の過剰分泌が原因で薄毛になっている場合は、皮脂分泌を抑える育毛剤が有効ですし、頭皮の乾燥が原因の場合は保湿タイプの育毛剤がおすすめです。
このように育毛剤にはその症状に合ったものがあるので、髪が薄いからといって、適当に育毛剤を使用しても改善しないことがあります。

そして、髪が薄いと実感している場合は、既に薄毛がかなり進行している状態なので、育毛剤だけに頼っても改善しないかもしれません。
育毛剤だけに頼らずに、育毛シャンプーや育毛サプリメントの使用、生活習慣や食生活の見直し、禁煙、禁酒なども行った方が良いでしょう。
特に頭皮環境が悪いと育毛剤の効果が減少してしまうので、まずは育毛シャンプーを使って、頭皮を正常な状態に戻すようにしてください。



頭皮が乾燥している

頭皮の乾燥が悪化してしまうとフケや痒みを引き起こし、薄毛を招く場合があるので、注意してください。
頭皮が乾燥している状態というのは、皮脂の量が不足しているということです。
皮脂が十分に分泌されていなかったり、シャンプーで必要以上の皮脂まで除去してしまうことが主な原因です。
頭皮の皮脂が不十分になってしまうと、色々な頭皮トラブルを引き起こす元になってしまうので、早めに対応しないといけません。
また、頭皮の乾燥は血行不良を引き起こし、髪に栄養を与えることができなくなります。
そうすると抜けやすい弱々しい髪しか生えず、薄毛になってしまうケースもあります。

頭皮の乾燥を防ぐためにおすすめの育毛剤は、血行促進作用のある育毛剤や潤いを与える育毛剤です。
血行を良くすることによって、頭皮の乾燥を予防し、薄毛をケアすることができます。
そして、育毛剤の中には保湿効果が高く、頭皮に潤いを与えられるものがあるので、利用されてください。
基本的にどの育毛剤にも血行促進作用があるので、保湿効果に注目して育毛剤を選ばれた方が良いかもしれません。
アルテア抽出液やアロエ抽出液、オトギリソウエキス、海藻エキスといった成分が含まれている育毛剤は保湿効果があると思ってください。



頭皮にニキビがある

ニキビというと顔や背中、胸にできるイメージがありますが、頭皮にニキビができてしまう場合もあります。
頭皮にニキビができるということは、皮脂が毛穴を詰まらせているということなので、そのままにしておくと抜け毛に繋がります。
頭皮にニキビができる原因は、皮脂の過剰分泌です。
皮脂の過剰分泌は、生活習慣、ストレス、食事など様々なことが原因で引き起こされるため、人によって対処法は異なります。
そのため、まずは規則正しい生活習慣と栄養バランスのとれた食生活を意識した生活を心がけてください。
もし、このような生活をしていても症状が改善しない場合は、シャンプーが原因かもしれません。
市販のシャンプーは洗浄力が強すぎるため、必要な皮脂まで除去してしまいます。
そうすると頭皮は皮脂が足りないと感じ、皮脂を補うためにいつも以上に皮脂を分泌させます。
このようにシャンプーの洗浄力が強すぎると皮脂の過剰分泌を招くので、洗浄力がほど良い育毛シャンプーを使用するようにしましょう。

そして、頭皮にニキビがある場合におすすめなのは、皮脂の分泌を抑制するタイプの育毛剤です。
皮脂の分泌を抑制することによって、脱毛を予防し、正常な髪の成長を促します。
イオウやチオキソロン、ビタミンB6といった成分が含まれた育毛剤は、皮脂の分泌を抑制する働きがあります。



頭皮のべたつき

頭皮がべたべたしていると感じる場合は、皮脂が過剰に分泌している状態なので、抜け毛を引き起こしやすいです。
皮脂が大量に分泌されると本来詰まるはずの毛穴が詰まってしまい、髪の成長を妨げたり、頭皮トラブルを招き薄毛に繋がります。
そのため、薄毛を予防するためにも頭皮のべたつきは早めに治した方が良いです。

頭皮のべたつきの原因は、主にシャンプーと食生活です。
洗浄力が強いシャンプーを使用したり、1日に何度もシャンプーをすることで、皮脂の過剰分泌という頭皮トラブルを起こします。
また、肉や甘いお菓子を過剰に食べてしまうと皮脂の分泌を活発にしてしまい、頭皮がべたべたしてしまいます。
このようなことが原因で頭皮がべたべたになってしまうので、まずは食生活やシャンプーを見直してください。

そして、頭皮のべたつきに有効なのが、皮脂の過剰分泌を抑制する育毛剤や頭皮の血行促進作用がある育毛剤です。
皮脂の過剰分泌を抑制することで皮脂のべたつきを改善することができますし、血行を促進させることで頭皮環境を整えることができます。
もし、頭皮にべたつきを感じた場合は、このような作用がある育毛剤を使用されてください。
皮脂の過剰分泌を抑制する育毛剤にはイオウやチオキソロン、頭皮の血行促進作用がある育毛剤には塩化カルプロニウム、クジンエキス、センブリエキスなどが含まれています。

 

 

Page top